投資雑記

【米国株ETF】人気銘柄SPYDってどう?配当金はいつ支払い?配当月や構成銘柄は?【株価】

本記事では米国株の人気ETF銘柄SPYDについて触れていこうと思います。

米国株ETFで唯一100株保有している銘柄です。

南国投資家P

高配当ETFで人気ですが、景気の影響をモロに受けるため時々SPYD保有者から悲鳴が聞こえます。

SPYDまとめ

  • S&P指数構成銘柄の中で配当利回りが高い80銘柄に投資
  • 米国高配当ETFの中でも分配金利回りが高め
  • 金融・不動産・公益事業銘柄を中心に運用しているので景気の影響を受けやすい
  • リバランスは1月と7月の年2回
  • 配当月は3月・6月・9月・12月の年4回

こちらもCHECK

【米国株】新しい超高配当株QRMIデビュー!仕組みはどうなの?経費率は?を解説【グローバルX】

続きを見る

高配当ですが景気に敏感な銘柄が多いですが、年2回のリバランスがあるので僕は長期保有しています。

南国投資家P

SPYDの解説に入ります!

SPYDって?

SPYDとはSPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETFのことで、世界3大投資会社の一つ、ステート・ストリート社が運用している高配当ETFです!
ステート・ストリート社は現存する銀行としては米国国内で2番目に古い歴史を持つ金融機関。

特徴

SPYDは、S&P500構成銘柄の中で配当利回りが高い80銘柄に投資していて、銘柄の比率がほぼ均等になるように構成されています。

経費率の安さにも特徴があり、経費率は手数料のことです。
SPYDは購入手数料が無料で、信託報酬は年0.07%とかなり安いです。
仮にSPYDに100万円投資したとしても、年間手数料はわずか700円となります。

南国投資家P

高配当で手数料が安いのは長期投資家にとっていい銘柄ですね。

デメリット

組み込まれている銘柄は景気に敏感で不況に弱く、構成銘柄は金融と不動産がほとんどです。
SPYDの基準価額が下がり、分配金も減配となると高配当という特徴がなくなってしまいます。

ですが、資金の少ない投資家はチャンス到来
基準価格が下がれば、安くでSPYDが購入できるんです。

南国投資家P

リバランスが年2回あるので業績悪化や減配があると、他の企業と入れ替えがあります。
それを考えるとピンチはチャンス?

構成銘柄

2022年2月の構成銘柄上位10社です。
ちなみにオルガノンは医療関連企業で、シェブロンはエネルギー関連企業です。

銘柄(テッカー/国) 割合
オルガノン(OGN/US) 1.52
シェブロン(CVX/US) 1.40
イーオージー・リソースズ(EOG/US) 1.39
アッヴィ(ABBV/US) 1.38
ONEOK(OKE/US) 1.38
オムニコム・グループ(OMC/US) 1.37
アイアン・マウンテン(IRM/US) 1.37
マラソン・ペトロリアム(MPC/US) 1.37
ウィリアムズ・カンパニーズ(WMB/US) 1.37
ブリストルマイヤーズ スクイプ(BMY/US) 1.36
南国投資家P

約80銘柄をほぼ均等に保有しているので割合が飛び抜けている銘柄はありません。

業種の組み入れ比率

南国投資家P

金融・公共事業・不動産とやはり景気敏感銘柄が上位に食い込んでますね。

チャート

累計収入

南国投資家P

僕が購入して得た配当金を年ごとに掲載!

買い付け年2020年2021年合計
保有株数26株74株100株
平均購入単価(為替レート平均)27.88ドル(105.62円)38.89ドル(108.64円)33.38ドル(107.13円)
配当金合計16.35ドル(1,726.88円)29.16ドル(3,167.94円)45.51ドル(4,894.82円)

21年は3,167円を再投資に回せることができました!
配当金が安定しませんでしたが、こつこつ積み上げてます。

まとめ

21年の年末にツイッター界隈を騒がせた、米国株人気ETF銘柄のSPYD。
なぜ騒いだかというと、減配が発表されたから。

高配当が目的でSPYDを保有している人は多いはず。
それが、減配となりゃそうなるよね。

そもそもSPYDの内容自体、高配当80銘柄を平均して保有する仕組みなので中小企業も含まれる。
景気の煽りを受ける中小企業が減配や倒産をすれば配当も減るのは当たり前。

それでも高配当を信じて長期保有していきます!

SPYD購入するなら!おすすめの証券会社

紹介する楽天証券とSBI証券は人気の大手ネット証券2社です。
初心者や上級者を問わずに幅広い層の米国株投資家に愛用されていますよ!

南国投資家P

甲乙つけ難いですが、楽天経済圏の方は改悪されてはいるものの楽天証券がおすすめです!
SBI証券も最近はポイント投資に力を入れ始めていますね!

SBI証券

SBI証券は、業界屈指の格安手数料で取引をすることができます。
取引ツールやサービスなどのバランスが取れた証券会社です!

SBI証券
  • ネット証券最大級のIPO銘柄を取り扱い
  • 25歳以下なら国内株式現物手数料が無料
  • 米国株銘柄数が4000銘柄以上と豊富
  • 取引手数料が安い
  • 提携ポイントが豊富
\\口座数はネット証券No.1//

楽天証券

楽天市場をよく利用するなら、楽天証券がおすすめ!
楽天銀行、楽天カードでポイントも貯まるので投資もしやすい。

楽天証券
  • SPYDの買付手数料無料
  • 取引手数料が安い上にポイントバックされる
  • 楽天経済圏で利用するとお得
  • 取引ツールも便利で使いやすい
  • 楽天ポイントでも投資可能
\\楽天ポイントで投資をしよう//

コインチェック
ON COMPASS
PVアクセスランキング にほんブログ村

-投資雑記
-

Copyright © ぷよブロ.