iDecoとNISA

【0歳でも10歳からでも!】まだ間に合う!ジュニアNISA !入金の仕方にも注意【いつまでできる?】

ジュニアNISAを始めるか迷っている方へ!
ジュニアNISAはお子さんやお孫さんの将来に向けた非課税で資産運用ができる制度です。
制度の廃止が近づいているので早めに手続きしましょう!

子供たちが将来、進学や就職にお金って必要になるじゃないですか?
大学進学のお金や就職での引っ越しなどお金が掛かかりそうですよね?

銀行に貯金もいいけど、金利が少ないので10年預けても雀の涙程度・・・
ジュニアNISAで資産運用した方が銀行よりは助けになる!
そう思ってジュニアNISAで資産運用しています。

もちろん資産運用の方法によっては銀行の方がよかった!て事もありますので充分に気を付けましょう

南国投資家P

2023年には制度が終了予定なので迷っている方は、資料請求だけでもしておけば手続きしたいときにすぐ始められます!
ちなみに僕は息子3人分申し込みしています!

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ジュニアNISAって?

2016年から始まったジュニアNISA!

南国投資家P

ジュニアNISAは「未成年者少額投資非課税制度」とも言います。

日本に住んでいる0歳〜19歳までの未成年者が対象で、子供や孫の将来に向けた資産運用のための非課税制度です。
毎年80万円まで投資することで資産を運用し、最長で5年間、投資から得た利益が非課税となります。

ジュニアNISA制度概要

対象者日本在住0〜19歳の未成年者個人
非課税対象株式・投資信託から得られる配当金・分配金・売却益
非課税投資枠新規投資額で毎年80万円が上限
非課税投資総額最大400万円(80万円×5年間)
非課税期間最長5年間(ロールオーバー可能)
運用管理者口座開設者本人(未成年者)の両親・祖父母などの二親等以内の親族
払い出し原則18歳までは払出し不可(制限あり)

非課税で受け取るには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」にしなければなりませんのでご注意を!

参考【初心者必見】気をつけよう!NISAでも課税される?配当金受取方式の選び方!【ネオモバ・LINE証券・楽天銀行】

続きを見る

南国投資家P

・未使用分の翌年繰越が出来ない
・ロールオーバーはできる
など、NISAと制度が同じ部分があります。

\まずは資料請求から/

ジュニアNISAのメリット・デメリット

南国投資家P

ジュニアNISAのメリット・デメリットについて説明していきますが、
僕の考え方でもあるので、やんわりと読んでいただけたらと思います。

メリット

子供や孫の将来の教育資金や就職資金などに

子供や孫の将来の教育資金や就職での引越し資金を準備できるのがジュニアNISAのメリット。
年間80万円を非課税で投資でき、ロールオーバーしたら最長5年間も非課税投資枠が適用できる。
最大で400万円(80万×5年)が非課税で運用可能なのだ!

南国投資家P

親権者が代理で運用できますし、子供のために貯金するなら非課税投資枠を使用したジュニアNISAがお得。

子供がお金について考えるいい機会

ジュニアNISAの口座を持つことで、投資するという機会に触れられるチャンスでもあります。
学校では教えてくれない投資やお金のことについて、子供が投資やお金の運用などを学ぶ絶好のチャンスです。
スマホで資産運用が簡単にできる時代になり、お金について意識が高い層と低い層の間の所得差は増えていくと思います。
小さい頃から投資やお金について触れられるメリットは計り知れません。

南国投資家P

僕は30代から投資を始めました。
20歳の頃から始めていれば、資産も増えていたでしょう!
なぜなら、浪費ばかりしていて投資やお金のことなど考えもしなかったから。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ロールオーバーもできる

ジュニアNISA口座の投資可能期間は2023年で終了してしまいます。
ですが、2023年の制度終了時点で20歳になっていない方については、ロールオーバーができます!
しかも、ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が80万円を超過している場合も、すべてを継続管理勘定に移すことができます。

南国投資家P

しかも!ロールオーバー可能な金額に上限はありません!
保有商品の時価総額が80万円を超えても全てロールオーバーできるんです。

デメリット

途中引き出しは原則できない

原則として、口座名義人が18歳になるまで払出せません!ただし、災害など特別な事情があるときのみ払い出せます。
ジュニアNISAを一度払い出してしまうと、再び新規に口座開設が必要になります。

南国投資家P

特別な事情がない限り18歳になる前に払い出してしまうと、利益に対して課税されるので注意です!

金融機関の変更ができない

NISAは年に一度まで金融機関の変更ができますが、ジュニアNISAはできません。
どうしても変更したい場合、一度ジュニアNISAの口座を廃止して新しく開設したい金融機関で開設するしかありません。

南国投資家P

かかる手間と時間を考えたら、口座開設前から開設する金融機関を考えましょう!

ジュニアNISA対象外は課税される

ジュニアNISA口座の非課税対象となる商品は、投資信託や国内・海外上場株、国内・海外ETF、ETNなどで対象の商品は非課税となります。
対象外となるのは、MMF・MRF、債券、非上場株式、FXなどが当てはまります。

南国投資家P

開設した金融機関にジュニアNISA対象の商品ラインナップがあると思うので、その中から選択しましょう。

\まずは資料請求から/

ジュニアNISAおすすめ証券会社

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]
  • 米国・香港・韓国・シンガポール・タイなどの外国株取引が可能
  • 米国株の取り扱い銘柄は4,000を超える
  • 国内株の売買・海外ETFの買付手数料は無料
  • 投資情報やセミナーなどの学習コンテンツも
  • IPO取り扱い銘柄は多数あり、投資商品のラインナップが豊富
南国投資家P

取扱銘柄が多く、少額資金で資産運用ができる!
業界トップクラスの証券会社

公式サイトはこちら→SBI証券
\NISA口座開設数NO.1/

楽天証券

楽天証券
  • 口座開設数、業界トップクラス
  • 国内株式の売買手数料が無料
  • 投資信託の数は2,600本以上
  • オンラインセミナーなど投資の知識を学べる
  • 投資情報メディア「トウシル」や四季報情報など役立つ情報が満載

南国投資家P

楽天銀行もセットで開設する方が多いですね!

公式サイトはこちら→楽天証券
\楽天グループの証券会社/

マネックス証券

  • ジュニアNISAは国内株式の売買手数料は無料
  • 取り扱い投資信託数は1,000本以上
  • 投資信託の購入時申込み手数料無料
  • 高機能分析ツール銘柄スカウターが使用無料
  • 朝と夕方に届くメールやオリジナルの投資情報メディア「マネクリ」が閲覧できる
南国投資家P

投資のコストを抑えれるし、日々更新するレポートやマーケット情報など豊富な情報を参考に投資が可能!
NISA口座は月100円から投資できます。

公式サイトはこちら→ マネックス証券
\キャンペーン中なのでお早めに!/

ジュニアNISAの注意点

ジュニアNISA口座に入金する時は子供名義の銀行口座を開設し、そこからジュニアNISA口座に入金するようにしましょう!
祖父母・親名義の口座からジュニアNISA口座に入金し投資した場合、所得税・贈与税等の課税上の問題が発生する場合があります。

南国投資家P

証券会社と一緒にネット銀行なども開設しておきましょう!
SBI証券と住信SBIネット銀行・楽天証券と楽天銀行など証券と銀行が提携していると便利です。

まとめ

ジュニアNISAの口座開設がおすすめな方は「投資で子供や孫の教育資金や資産形成をしてあげたい人」です。
ジュニアNISAを利用すれば、毎年80万円まで非課税投資枠が最長5年間適用され、その間に得た利益には税金がかからないし、ロールオーバーして20歳になるまで非課税で保有し続けることができます。

南国投資家P

 ジュニアNISAの運用は口座開設者本人の親権者や祖父母が代行できるので、資産がどのように運用しているか確認できるので安心です

こちらもCHECK

 【シミュレーション】投資額は50万円!資産推移はどんな感じ?楽天証券でジュニアNISA運用2ヶ月目!【ブログ】

続きを見る

コインチェック
ON COMPASS
PVアクセスランキング にほんブログ村

-iDecoとNISA
-

Copyright © ぷよブロ.