Yahooショッピング!毎週日曜日は最大20%還元!

【副収入】こつこつ投資をはじめよう!配当金をもらおう!【目指せ毎月1万円】

6 min
  • お金持ちになりたい!
  • 自由な時間が欲しい!
  • 収入を増やしたい!

みんなが一度は思うことですよね?

でも現実は・・・

  • 働いてお金があっても自由な時間がない
  • なかなか収入が増えない
  • 残業の多いブラック企業だ

ほとんどの方が現実に当てはまるのではないでしょうか?
今の世の中、会社が倒産したりして職がなくなることも珍しくはありません!
世界情勢も不安になるなか収入を本業だけにするにはこれからの将来、心共ないですよね?

南国投資家P

南国投資家P

僕は南国離島の田舎に住んでます。
低収入で老後どうしようか迷っているなか、投資を始めました!

こつこつ投資をはじめよう!

貯金だけでは老後2千万円問題など将来が不安な方は、貯金と同時に投資をする事をおすすめします。
貯金では資産が増えないのを知っていますか?
貯金と投資を同時に始め、投資は時間をかけることによって資産が育っていきます。

南国投資家P

南国投資家P

僕は毎月5千円のこつこつ投資を実践しています。
NISAを開始して月2千円を投資信託、5千円を株式投資にしています。
21年度は日本株の配当金が2千円ほどありました。

配当金での収入。
これは立派な不労所得です。
しかも配当金を使わず再投資にまわしていますので、来年はもう少しもらえるかもしれません。
貯金ではもらえないお金です。

投資なので、もちろんリスクはあります。
ですが、資産を増やしたい人はやるべきです。
少額でもいいからこつこつと。
毎日100円投資する人もいれば、僕みたいに月数千円している人もいます。

貯金だけではなくなぜ投資もするのか?

なぜ貯金ではなく投資もするのか?
答えは簡単!
貯金だけだとお金の悩みが解決できないから。

節約して貯金しても今はお金が増えない時代。
もちろん貯金するメリットはあります!
事故や病気、結婚などのイベントの急な出費に対応できますし、会社が急に倒産したりして収入が無くなったときに助かるからです。

南国投資家P

南国投資家P

でも貯金だけでは将来に対して不安は残ります!
貯金だけではお金が増えないからです。

あなたはこれから先の人生で不安や悩みはありませんか?
家族で旅行に年に一回は行きたい。
子供に納得のいく教育を受けさせたいな。
老後は心配なく安心して暮らせるかな?

貯金だけでこれらの不安や悩みを解決できるでしょうか。

人生でやりたい事や目的があると充実した生き方ができます。
人が生きる上で「お金」はとても大切になっています。
貯金だけではこれらの不安や悩みを解決できないからです!

なぜこつこつ投資なのか?

ではなぜこつこつ投資なのか?

  • 安定して無理のない投資をしたい
  • 貯金もしながら無理なくお金を増やしたい
  • 少額でも時間をかければ資産が育つことを勉強したから

以上の理由から僕は少額でのこつこつ投資を実践しています。

投資をすることにより資産が増えるからです!
もちろん貯金も同時にすることが大事です。

僕は2016年から投資を始めました。
もちろん少額からこつこつです。
2016年から始めて2021年には資産が100万円を突破しました!

南国投資家P

南国投資家P

これは投資したお金だけでなく、投資銘柄のおかげで複利の効果を得ているからです!

投資は少額でもいいのか?

投資についてどんなイメージがありますか?

  • お金がたくさんないと始められない
  • 株価チェックとか忙しそう
  • 素人は大損しそう
  • 口座開設とかめんどくさそう

短期間で利益を出すのはギャンブルに近い投資じゃなく投機のようなもので、投資というのは元々長い期間で取り組むべきで気軽にできるんです。

こつこつ投資は貯金もできて投資に回せるちょうどいい金額で始めるといいです。
投資信託やETFなど個別株ではない方が安全性が高く、時間をかければ資産が育つことが多いのでおすすめです。

貯金と投資で資産を増やそう

近年は米国株など海外の株式にも投資できるようになり、特に米国株のS&P500を対象としたファンドは投資家の間ではとても人気です。
こつこつ投資は金額が少額なのでゆったりとしたペースでしか増えませんが時間をかければ銀行預金より利回りがいいです。

投資信託やETFなど個別株ではない方が安全性が高く、ほっといても資産が育つことが多いので積み立てNISAなどを活用して投資を始める方が多いです。

わかりやすいようにバランス型の投資信託を毎月、積み立てで1万円投資した具体的な例を表にしてみました。
利回り(年率)は3%に設定して単純投資額に掛けて計算しています。

1年後 3年後 5年後 10年後 15年後
投資信託 投資額 12万円 36万円 60万円 120万円 180万円
運用益 3600円 1万800円 1万8000円 3万6000円 5万4000円
トータル 12万3600円 37万800円 61万8000円 123万6000円 185万4000円

では毎月1万円を貯金した場合を表で見てみましょう。
貯金については金利0.001%での単純計算にしています。

1年後 3年後 5年後 10年後 15年後
貯金 貯金額 12万円 36万円 60万円 120万円 180万円
利息 1.2円 3.6円 6円 12円 18円
トータル 12万1.2円 36万3.6円 60万6円 120万12円 180万18円

投資と貯金が比べやすいように1万円にしましたが、投資は貯金と比べて資産が増えていくのがわかりやすいですね。
投資はバランス型を長期運用することで運用益は上記よりトータルは増えていきます!

少額でも貯金と投資を同時に行えば月々数千円でも資産は確実に増えていきます。
貯金で緊急時に備え、こつこつ投資で着実に資産を増やしお金に対する不安や悩みを解消していきましょう。

投資をするなら高配当株がおすすめ

貯金や債権で利息収入不動産投資での家賃収入を得ることもいいですが、それぞれ利息が低い・建物のメンテナンスにお金がかかるなどデメリットがあります。

優良な高配当銘柄に投資をして配当金をもらうことは、貯金や債権の利息よりお金がもらえて建物のメンテナンスにお金や手間がかからず楽して不労所得を得る事ができます。

株の配当金が月1万円あれば生活費やお小遣いなど自由に使えるお金が増えます。
もちろん再投資をして資産を増やすのもありですよね!

南国投資家P

南国投資家P

あと1万円収入が増えると想像したら嬉しくなってきませんか?
その1万円を再投資するもよし、好きに使えるんです。

高配当株に投資をして毎月1万円の配当金をもらえれば、生活費やお小遣いに当てて今までより豊かな生活を送ることができます!

高配当株のポイント
  • 優良な株を購入して長期投資
  • 不動産より手間がかからない
  • 債権や貯金の利息より配当金の方が多い
  • 投資した企業や会社が成長すると元本・配当で恩恵を受ける

高配当株を老後のためにこつこつ投資をすれば、年金と一緒に配当金がもらえて老後の2千万円問題も解決します。

物事を始める時、最初は誰でも初心者です。
もちろん投資も一緒で僕も最初はもちろん初心者で、今の生活を楽にしたいし老後も不安だったので高配当株に投資をすることにしました。

南国投資家P

南国投資家P

投資に回すお金が少なかったけれど、こつこつと投資を積み重ねることで配当金で再投資できるまでにはなりました。

おすすめする理由

高配当株をなぜおすすめするのか?理由を解説していきます。

配当金の計算がしやすい

配当金は企業の利益を還元して株主に配当してくれます。
なので株価より計算がしやすく、いくら配当があって、いつ配当時期が大体わかるので計算がしやすいんです。

配当金予想
投資元本 年間配当金
1年目 400,000 12,000
2年目 800,000 24,000
3年目 1,200,000 36,000
4年目 1,600,000 48,000
5年目 2,000,000 60,000
6年目 2,400,000 72,000
7年目 2,800,000 84,000
8年目 3,200,000 96,000
9年目 3,600,000 108,000
10年目 4,000,000 120,000

1年に40万円を投資して利回りが3%と考えると10年後には月1万円の配当収入がもらえますよ!
必ずしもこの計画通りに進わけではありませんが、±6%前後くらいには収まると思います。

早く月1万円の配当収入を得たい方は投資金額を倍にしたり、配当金を再投資したりすると早く達成できます。

不労所得を得る

高配当株を一度購入さえすれば、そのあとはほとんどすることがないです。
たまに株価や決算をチェックするくらいですかね。

それはなぜか?というと働くのは企業や会社であり株主ではないからです。

企業や会社は新規事業や取り組んでいる既存の事業をして経営を成り立たせなければなりません。
頑張るのは企業や会社で、その恩恵を受けるのが株主というわけです。

南国投資家P

南国投資家P

僕は高卒ですが、僕より経歴や頭がいい人たちが働いてくれてその成果を受け取れます。

もちろん倒産というリスクもあり、投資した資金が戻ってこないこともあるかもしれません。

他にも不動産投資がありますが、株式投資に比べて手間がかかります。
設備などのメンテナンスにお金もかかりますし、入居者がいなければそもそも家賃収入がありません。

南国投資家P

南国投資家P

建物は老朽化も進みますし、他にも固定資産税がかかります。
ですが、最近では不動産投資クラウドファンディングという新しい形の不動産投資方があります!

手間もなく、株を購入してスマホやパソコンで株価や決算をチェックするだけで配当金が入ってくるので、まさに不労所得といえます。

株価が成長の見込みがある

高配当銘柄の株価が上がると配当金も上がる可能性があります。
投資した企業や会社が成長すると、元本・配当金ともに増えていきます。

優良な株を保有することで、その企業や会社の株主となり長期保有をすれば安定した配当金が得られます。

高配当株のメリット・デメリット

気になる高配当株のメリット・デメリットを見ていきます。

メリット

  • 株式保有中に配当金が受けられる
  • 株価の変動に比べると変動が少ない

優良株式を保有している間はもちろん配当金が受けられますし、投資している企業や会社が堅調ならば日々の株価の値動きで落ち込む必要は無く、四半期ごとの決算を確認しておけば大丈夫なので忙しいサラリーマンや主婦が高配当株に投資している人が多いのも納得です。

デメリット

  • 配当が減配・無配の可能性がある

戦争や疫病などで経済や経営環境が大きく変わると、配当が減配・無配になる可能性があり、株式による配当金は企業の利益が安定的に得られていることが条件です。

高配当の目安

高配当の目安としては配当利回りが4%以上が望ましいですが、優良株ではなかなか無いのが現状です。
海運業界や建設業界に多い印象ですが、景気に大きく左右される事が多いので配当が安定しません。

南国投資家P

南国投資家P

僕としては配当利回りが3%以上でも申し分無いかなと思っています。

配当利回りが3%程度のおすすめ企業5社

株価が銘柄によって違いますので、年間配当金にばらつきがあります。

銘柄 配当利回り 一株当たりの年間配当金
武田薬品工業(4502) 5.09% 180円
三菱HCキャピタル(8593) 4.26% 26円
日本たばこ産業(2914) 6.40% 140円
三菱商事(8058) 3.47% 134円
INPEX(1605) 4.77% 48円

もっと配当金が高い銘柄はありますが、安定していると判断した銘柄を紹介させていただきました。
株購入においては自己責任でお願いします。

高配当といえば米国株

高配当株といえば米国株というほど配当金には力を入れています。
それはなぜか?というと日本と違い、株主優待はなく年に4回の配当金を出す会社がほとんど。

配当金で会社の経営や社長や役員の手腕の評価もあるので、日本の株主よりシビアな目で経営状況を見ます。
連続配当が50年以上続く企業も多く、コカコーラやP&Gなど世界的に有名な企業が連続配当をしています。

コカ・コーラやP&Gなどの個別株もいいですが近年人気なのがETF!
ETFとは取引所に上場している投資信託で、株式と投資信託の特徴をあわせ持っています。

南国投資家P

南国投資家P

ETFは連動する指数に応じて、さまざまな銘柄に投資しているためリスクが低くいです。
コストも安くリアルタイムで売買もできるのでおすすめです!

まとめ

この記事のまとめとして・・・

  • 老後のために貯金と投資をする
  • 投資にもリスクはある
  • 無理のない程度で少額からこつこつと
  • 高配当だと配当金が多い

自分の収入を考えて、貯金と投資に回すお金を整理してみましょう。

南国投資家P

南国投資家P

お金の使い方を考えて節約できるところは節約しましょう!

将来のことを早くから考えた方がいいです。

人生は長いけど、時間が過ぎるのは早いですよ!

最後までお読みくださりありがとうございました。

関連記事