楽天市場!本日の購入でポイント最大7倍!

【配当金月1万円のロードマップ】高配当株投資で気をつけること!基本を学ぼう!【こつこつ投資始め方】

4 min
投資を始めたい人

投資を始めたい人

高配当投資を始めたいけど、気をつける点とかないのかな?

そんな高配当投資を始めたい初心者に、高配当投資で気をつけることや、基本的な考えを説明していきす!
高配当だからといって手当たり次第に株を購入すると損失するかもしれません!
何事も基本を押さえておくべきで、高配当投資を始めるのにも基本的な考え方があります。

気をつけることや高配当株投資を始めたい人はぜひチェックしてみてください!

結論としては

  • 同じ業種(セクター)に集中投資はしない
  • 高配当ばかりに目を向けず罠銘柄は避ける
  • 1カ国のみの集中投資はしない

最初は誰でもゼロからのスタートになります!
高配当投資で配当金をもらいながら、老後や生活を豊かな人生を過ごしましょう。

ネオモバでこつこつ投資を始めて約2年が経ちました。
この記事を書いている僕の投資ルールや投資状況は、こんな感じです。

ぷよぱん

ぷよぱん

  • 株の売却はしない
  • 日本の優良高配当株に投資
  • 年間の配当金は約3千円程度
  • 含み益を継続中

実際のネオモバでの投資状況です!

ぷよぱん

ぷよぱん

含み益もあり、高配当株をメインに良い感じで投資ができていると思います!

配当金が月3万円ぐらいもらえると嬉しいのですが、すぐに配当金が3万円もらえるようになるとは限りません!
ですが、配当金が1万円でももらえると家計がラクになりますし、お小遣いとしても嬉しいですよね!

日本の男性サラリーマンのおこづかいが3万円ぐらいの金額らしいです。
配当金で収入が1万円増えるということは、おこづかいを増やしても良いですし、その1万円を子供の教育費や住宅ローンの返済とか、老後の年金対策にも回せるようになり家計も少しは楽になりますね!

有名な投資家や億り人・FIRE達成した方でも最初は誰でもゼロからのスタート!

ぷよぱん

ぷよぱん

少額からでもこつこつ投資!ゼロから始めよう。

ちなみに僕が投資している銘柄はこちら!

上記のような感じで分散投資をしています。

  • 1株から高配当投資ができる
  • いろんな銘柄に分散投資ができる
  • 少額から始められる
  • 少額で分散投資をしても利用料はお得

ぷよぱん

ぷよぱん

ネオモバは利用料は月額制です。
50万円までなら月額220円で利用可能で、毎月ネオモバ限定のTポイントは200ポイントもらえるので実質20円で利用できます!

数銘柄に集中的に投資するより、ある程度分散させて投資した方がリスクが少なくてすみます。
いわゆる「たまごは1つのカゴに盛るな」です。

「卵を1つの籠(かご)に盛ると、その籠を落としたときに全部割れてしまう可能性がある。複数の籠に盛っておけば、そのうち1つの籠を落としても、他の籠に盛られた卵からやがて“ヒヨコ”が生まれ鶏(にわとり)に育つ可能性がある」

楽天証券

最近では物価が高くなるのに、給与は増えないで負担ばかりが増えてますよね?
スマホで投資ができるようになった現代において、一般市民が生活をラクにしていくための手段の1つとして株式投資があり、配当金をもらって少しでも生活を豊かにしていくには高配当株投資がおすすめなのです。

高配当投資で気をつけること

高配当株投資では分散投資が鉄則です!
ですが気をつけなければならないこともあります。

高配当投資で気をつけるのは次の3つ!

  • 業種(セクター)を分散する
  • 危ない罠銘柄を避ける
  • 1カ国への集中投資を避ける

それだは順番に解説していきます。

業種(セクター)を分散する

業種とは事業の種類のことで、東京証券取引所では業種を33種類に分類しています。
投資する業種(セクター)は必ず分散し、保有株の割合だと1つの業種(セクター)につき最大で20%程度が良いとされています。

同じ業種で株の銘柄を購入すると、企業の活動モデルが似ているので株価は連動しやすく同じ業種の銘柄全てがマイナスになったりプラスになったりして配当金にも影響が出ますし、精神的にも良くないです。

33業種の分類表

水産・農林業医薬品サービス業
食料品ゴム製品電気・ガス業
鉱業輸送機器陸運業
石油・石炭鉄鋼海運業
建設業非鉄金属空運業
金属製品機械倉庫・運輸関連業
ガラス・土石製品電気機器卸売業
繊維製品精密機器小売業
パルプ・紙その他製品銀行業
化学情報・通信業証券・商品先物取引業
保険業その他金融業不動産業

注意するのは景気に敏感な業種(セクター)です。
景気に敏感だと配当金が安定しない業種(セクター)への投資比率は低めにしましょう。

景気敏感に敏感な業種は・・・銀行業・不動産業・建設業など

反対に不況に強いディフェンシブ銘柄と言われる、景気の影響を受けにくい業種(セクター)もあります。

景気の影響を受けいくい業種は・・・食料品・医薬品・電力・通信業など

ディフェンシブ銘柄は不景気でも株価が大幅に下落する可能性が低くいため、比較的安全な銘柄と言われますが、デフェンス銘柄といっても東京電力のように、原発事故で株価を大幅に値下げしたこともあるので注意が必要です。

ぷよぱん

ぷよぱん

いくら高配当でも減配しては意味がないですよね!
景気敏感な業種は資産全体での影響度を低く設定しておきましょう。

危ない罠銘柄を避ける

高配当株には罠銘柄と呼ばれる銘柄が存在します。
一時的な高利回りや配当性向が高い企業などには気をつけておきましょう!

配当性向はなるべく50%以下で、配当金推移は確実にチェック!
自己資本比率も高いほど安定した経営をしているのでこちらも確認しておきます。

ぷよぱん

ぷよぱん

高配当株は良い銘柄を探すより、ダメな銘柄を避ける意識を持つと良いですね!

そして、数少ない優良企業を見つけてもその銘柄に集中投資せずに、比率を分けて分散投資をすることです。

1ヵ国への集中投資を避ける

投資の対象は日本だけでなく、世界最大の経済国アメリカや成長著しい中国など、世界にも投資ができるようになり投資対象が広がりました。

日本の景気がいい時もあれば、米国の景気がいい時もありますし中国や新興国の方がいい時もあります。どこの国が結果的に最高のリターンをもたらしてくれるかはわかりません。
投資を長期でするなら国の分散投資はした方がいいです!

投資の対象とした方がいい国は、法制度がしっかりしていることがいいですね

なので、証券会社にもよりますが投資ができる国には分散投資をした方がいいです。
おすすめは米国で、高配当の銘柄も多く連続増配をしている企業や高配当ETFがあるからです!

ぷよぱん

ぷよぱん

ちなみに高配当の特徴として、長年続いてる企業が多いです。成熟された企業は株主への還元意識が強い傾向にあります!

まとめ

今回の記事では高配当株投資の基本を解説してきました。
高配当株投資の基本として・・・

  • 同じ業種(セクター)に集中投資はしない
  • 高配当ばかりに目を向けず罠銘柄は避ける
  • 1カ国のみの集中投資はしない

以上のことに気をつけて高配当株投資を始めましょう。

ぷよぱん

ぷよぱん

株で有名なインフルエンサーやFIREした人も最初はゼロからのスタート!少額からでも始めることが肝心です。

こつこつ投資をするだけで少しずつでも配当金は増えていきます。
配当金だけで外食や旅行に行けると嬉しいですよね!

ぷよぱん

ぷよぱん

僕も配当金だけで生活できるように、こつこつ投資を頑張ってひたすら資産を増やしていきます!

最後までお読みくださりありがとうございました。

関連記事